年次大会・シンポジウム

日本獣医臨床病理学会2O22年次大会オンライン開催

日々の診療で、検査値に疑問を持ったことはありませんか?

臨床検査として測定できる項目が増え、診断にも様々なコンセンサスが提唱され始めた昨今、正しい検査法によって正しい検査値を得ることは、当たり前のようですが、実際のところまったく混沌としているのが現状です。日々の診療の中で、信用できない検査結果が得られたり、検査項目間での辻棲が合わなかったりして、頭を悩ませた経験は誰しもあるのではないでしょうか。

今年度の年次大会では、正確な臨床検査のために、いま私たちができること、をテーマに構成を考えました。教育講演では、普段の診療において正しい検査ルーティーンが実施できているかに焦点を当てました。守られねばならない最低ラインが間違いなく実施されているか、各自改めて点検していただきたく思います。そしてシンポジウムでは、各分野の検育のプロをお招きしています。我々の信じている測定値が、いかにあやふやな物なのか、その裏側を暴いていきたいと思います。細胞診・ドライラボでは例年どおり米国専門医をお招きし、質の高いディスカッションが行われるものと期待しております。

本学会のコンテンツが、普段の検査の中で何を信じ、何を得ればよいのかのヒントになれば幸いです。

大会長 西飯直仁(岐阜大学)

会期

2022 年 9 月 1 日(木) ~ 9 月 30 日(金)

開催形式

オンライン開催

テーマ

正確な検査のためにいま私たちができること

大会長:西飯直仁(岐阜大学)
実行委員長:米澤智洋(東京大学)

日本獣医臨床病理学会2O22年次大会オンライン開催

参加費

会員 3,000 円
非会員
(獣医師等)
5,000 円
動物看護師 2,000 円
学生 1,000 円

参加登録

参加登録期間

2022 年 7 月 4 日(月)~ 9 月 29 日(木)

参加費お支払い方法

  1. クレジットカード(JCB / VISA / Master / AMEX / Diners)
  2. 銀行振込 ※ 振込手数料をご負担下さい

プログラム

教育講演

『正しい検査ルーティーンを身につける』

モデレーター:井手香織 先生(東京農工大学)

ビョーキは作れる!? ウソの結果をもたらす、検体取扱いの落とし穴
井手香織 先生(東京農工大学)

その検査の値、どこまで信じる? 院内測定の限界を知る
早川典之 先生(日本獣医生命科学大学)

それって今日診断できます! 内分泌検査機器アップデート
湯木正史 先生(湯木どうぶつ病院)

自動CBCを鵜呑みにしない! 塗抹検査で正しく補正できる
久末正晴 先生(麻布大学)

シンポジウム

『意外と知られていない動物医療の臨床検査事情』

モデレーター:早川典之 先生(日本獣医生命科学大学)

ナルホド納得、生化学・免疫学的検査結果の作り方
浅井智仁 先生(富士フイルム株式会社)

鏡検にどこまで近づいた血球計算装置
齊藤憲祐 先生(株式会社堀場製作所)

検査結果に納得できる?検査管理と基準範囲
末吉茂雄 先生(女子栄養大学)

それでは検査結果を考えてみよう
早川典之 先生(日本獣医生命科学大学)



細胞診・ドライラボ

細胞診基礎教育:標本の作り方と細胞診からわかること
浅川 翠 先生(どうぶつの総合病院,DACVP)

ドライラボ:一緒に標本から診断をしてみよう
石﨑禎太 先生(ノースラボ,DACVP)
田邊美香 先生(動物病理診断センター,DACVP)
小笠原聖悟 先生(小笠原犬猫病院,IDEXX,DACVP)
砦上大吾 先生(東京農工大学)
根尾櫻子 先生(麻布大学,DACVP)

一般演題(症例発表・研究発表)募集

獣医臨床病理学に関わる演題

犬猫に限らず、大動物、野生動物など幅広く募集します。

  1. 症例報告:臨床症例の検査、診断に関連した報告(症例の新規性にかかわらず、広く募集します)
  2. 研究発表:検査法、診断法に関する研究成果の発表

募集期間

募集期間を延長しました

2022 年 6 月 1 日(水)~ 6 月 30 日(木) 7 月 19 日(月)

発表は「8分間」とします。
優秀な発表は表彰させていただくとともに、日本獣医臨床病理学会誌へのご寄稿をお願いすることがございます。

抄録はMS-Wordで以下の各項目を明記して下さい。

  • 1 行目…中央揃え:演題タイトル
  • 2 行目…右揃え 発表者と共同研究者の氏名(発表者の前に◯をつけてください)
    例)東大 一郎 1) ,日本 花子 2) ( 1)東京大学, 2)日獣大学 )
  • 3 行目…右揃え:所属を( )内へ記載。複数にわたる場合は氏名に上付数字で示してください。
  • 4 行目以降…本文 1200 字以内 / 適宜 【背景】【材料と方法】【症例】【結果】【考察】などの区切りをつけてください。

スライド動画の作成方法、提出先は演題募集終了後、発表者の方へご案内致します。

細胞診・ドライラボ ディスカッション 募集

  • 診断に苦慮した細胞診スライドを送付ください。まずはメールにて概要を教えてください。
  • 症例情報(シグナルメント、ヒストリー)、悩んだポイントなどを記載してください。
  • それらをもとに、米国専門医らが深堀りします。

募集期間:2022 年 4 月 1 日(金)~ 5 月 31 日(火)

連絡先: (日本獣医臨床病理学会事務局)

メール件名に【細胞診・ドライラボ】とご記入をお願い致します。

``

協賛・広告掲載 について

オンライン・コンテンツ内でのバナー、販促動画等の枠を企画しております。
詳しくは事務局( )へメールにてお問い合わせ下さい。